有料アダルトサイト

有料アダルトサイトとはインターネットを介してアダルト的な映像を提供しているサイトのことであり、無料でサンプル的な動画を提供しているサイトもありますが、その多くは視聴するごとに課金するか、一定期間の使用料を支払ってその期間内で利用する方法を行っています。このようなサイトは映像がアダルト向けなので悪質なサイトも多数存在していて、通常であれば一番組を視聴する場合でも一定期間の使用料を支払う場合でも、正規の手続きを行って最終的に本当に支払ってもいいのか確認しますが、悪質サイトではワンクリックといって一回でもサイトに入っただけで勝手に登録されてしまうケースがあります。しかもその利用料が一般的な相場より遥かに高く、いきなり利用料を請求されて困る人も多くいます。

 

 

このような正規な手順を踏まずに一回クリックしただけで法外な利用料を請求されることをワンクリック詐欺と言い、完全に違法であるにも関わらず裁判を起こすとか、家族や仕事先に連絡するといった文言で利用料を請求してくるため、気の弱い人や世間体を気にする人は指示通りに料金を支払ってしまいます。しかしどう考えてもアダルト的な内容であっても一回見ただけで数万円から数十万円の利用料を支払うような請求は納得できるわけがなく、できれば支払わなくても後になって問題が起きないような方法がないか知りたいでしょう。

 

対処法ですが、一番いいのは何もしないことです。何もしなかったために裁判を起こされたり家族や仕事場に連絡されたら困ると考えるでしょうが、このワンクリックしただけで料金を請求するというのは違法なので、裁判を起こすことは絶対にあり得ません。裁判を起こせば自分が違法なことをしているのを裁判所に知らせるだけなので、これは料金を支払うための常套文句です。

 

 

行動に移すとすれば仕事場や家族に連絡するということですが、サイトに一度入っただけで個人情報を特定できるはずが無いので、このようなメールを送るのは相手から電話などの連絡を取らすようにして、その個人情報を聞き出すためです。つまり自分から何も行動しなければ相手から何かをするということができないので、無視するのが一番いいというのはこのような理由からです。

 

 

ただし、このような知識がなくて一方的に裁判を起こすと言われると、一般の人は恐怖心から連絡を行ってしまうでしょう。そうすると頻繁に電話やメールが来るようになり、ノイローゼのような状態で困り果ててしまう可能性が高く、このような状態になると自分で何とかしようとせずに法律の専門家である弁護士や司法書士などに依頼するのが最適な方法です。警察でも相談には乗ってくれますが、緊急性が無いと判断されると後回しにされる可能性が高くなります。このような事案は当事者にとっては切羽詰まった状態になりますが、電話の内容を録音するとか脅迫めいたメールを送ってきたというような物的証拠がないと、警察は迅速な対応は難しくなってしまうのです。

 

 

しかし法律の専門家に自分から相談すると、そのような専門家は直ぐに行動してくれます。まずは相手に直接電話をしてこのような請求は正当性がなく、そのまま強制的に請求を続けると脅迫罪や詐欺罪を検討するといった法的手段を逆に提示します。

 

 

相手のサイト管理者からすると自分が裁判の場に出ることをとても嫌うため、弁護士などの法律の専門家が間に入られると自分の立場が危うくなるので手を引きます。弁護士などにこのような依頼をすると電話を一本してもらうだけでも費用が必要になりますが、以後の煩わしい電話やメールで気の休む暇がなくなる毎日に比べると安いものになるでしょう。

 

 

現在はあらゆる年齢や立場の人がインターネットに触れていて、その中には詳しい知識がないまま怪しいサイトに簡単に入ってしまう人がいます。セキュリティソフトを使っていたりポータルサイトを経由していると、そのサイトが危険性があると警告してくれるケースがあるので防御措置が取れますが、何もなければ安易にサイトに入ってしまうこともあります。

 

 

そして実際に入ってしまったという負い目があるので相手の請求に応じてしまうのですが、物事には相場と正しいやり方というものがあり、それらを逸脱しているとそれは違法だと言えるでしょう。違法である場合にはそれに対応する義務は無いと法律にも明記されているので、まずは冷静になって正当性がないものについては強きな対応で無視するというのを心掛けて下さい。最初は何度となくあなたを追い詰めるためにいろいろな方法を行ってきますが、それに対して一切反応しなければ自然に何もしなくなります。

 

 

違法サイトの管理者というのは自分が違法な行動をしていると理解しているので、強気な態度は最初だけです。そのためワンクリック詐欺に自分が当たってしまったと思ったら、自分からは何もせず相手の動向を確認してみて下さい。弁護士などを立てて反抗してもいいのですが、あまり過激な行動を取ると相手が逆上することもあり得るので、最善の対応策は何もいないというのが間違いないでしょう。